インフォメーション

2017/08/8
BOXX APEXXシリーズ インテル® Core™Xプロセッサ搭載製品の発売を開始しました

APEXX4_6201_core_x

APEXXシリーズのライナップに最新の「Core i9」「Core i7」搭載製品を追加
BOXX Technologies, Inc.(米国 テキサス州 オースティン)製品の国内販売元、トーワ電機株式会社 BOXX事業部(本社:宮城県仙台市)は、インテル® Core™ Xプロセッサー ファミリー搭載製品をAPEXXシリーズのラインアップに追加し、本日8月4日(金)より販売開始します。
APEXX4 6200シリーズに搭載するCore X シリーズは、4 コアから最新テクノロジーの進化と将来のニーズにも余裕を持った究極のパフォーマンスを発揮し、さらにパフォーマンスを最大に引き出すインテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0など、インテル史上最もパワフルなプロセッサー「Core i9」「Core i7」より選択が可能です。また、チップセットは「インテル X299」を採用し、Core X シリーズと組み合わせることで、4チャネル DDR4 2666 メモリー、拡張されたM.2スロットを利用した高速なNVMe SSDやインテルOptaneメモリーなど、新しいテクノロジーで4Kビデオや360度ビデオ、美しい写真や最高の音楽を生み出します。

apexx4-hero(4)
APEXX4 6201

APEXX 4 6200シリーズは、最新のインテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリーを採用、シングルスレッド・アプリケーションの堅牢なパフォーマンスを実現するために、パフォーマンスのニーズに合わせて10コアのインテル® Core™ i9 及び インテル® Core™ i7が搭載可能です。また、これまで以上に機能を高めたインテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 により、シングルスレッドのパフォーマンスを極限まで高め、SIMD 命令 AVX512への拡張によりさらに高速な計算能力を持ち、さらに NVMe 対応のM.2 SSDスロットの拡張性により、ストレージアクセスを高めて臨場感あふれる4Kビジュアル制作やVRなどクリエイティブな作業による膨大なデータ処理や、高速性を求めるシングルスレッド・アプリケーションの処理に最適化されます。

お見積もりカスタマイズはこちらから
ページトップへ戻る