インフォメーション

2017/09/1
Xeon® Scalable Familyワークステーション2機種を発売しました

UNI-XW-621S_cv
大学研究機関や企業のR&D部門向けのワークステーションを手掛けるUNIV(トーワ電機株式会社 代表:飯野匡道)は
Skylake-SP版Xeon® を搭載したワークステーション2機種「UNI-XW-621S」「UNI-XW-621X」の発売を開始します。
 
Xeon® Scalable Family搭載の本製品は、Skylake-SP版Xeon®を2基搭載しており、最大で56コア112スレッドを実現し、
CPUあたり最大1.5TBの広帯域メモリバスを確保することで更なるパフォーマンスの向上を図っています。
スタンダードなUNI-XW-621Sは、オリジナルの特殊吸音材を側面に装備し、ヒートパイプを使用した高効率で低回転の
CPUファンと静音電源との相乗効果により、クラストップレベルの静音性を実現しています。
上位機種のUNI-XW-621Xは、HDDホットスワップベイ8基を標準装備したフルタワーケースとなり、横置きで4Uサイズの
ラックマウントでも利用可能としています。メモリは広帯域DDR4-2666MHzを採用し、最大で1TBまで増設可能です。
80PLUS Platinumの1200W電源は、環境負荷低減に加え、発熱を抑えることで静音性も実現した高効率設計となっています。
 
UNI-XW-621S、UNI-XW-621XともにCPUのグレード(Platinum、Gold、Silver/Bronze)によりプラチナ、ゴールド、
エントリーの3モデルが選択でき、エントリーモデル標準構成での価格(税別)は、
UNI-XW-621S が491,500円より
UNI-XW-621Xが526,500円より
本日9月1日(金)より受注を開始します。
 
カスタマイズ・ご注文はこちらから
ページトップへ戻る