インフォメーション

2018/02/6
DeepLearningBOX® NVIDIA TITAN V搭載モデルの受注を開始しました

img
弊社グループ会社の株式会社GDEPアドバンス(本社:東京都文京区)では、自社のディープラーニング用ワークステーション「DeeplearningBOX®」についてNVIDIA TITAN V搭載モデルの受注を本日2月6日(火)より開始しました。
DeepLearning BOX® は NVIDIA エリートパートナーであるGDEPアドバンスが日本版DevBox®として開発した、日本初のGPUディープラーニングワークステーションであり、NVIDIA® DIGITS™ソフトウェアはもちろん、深層学習研究において高効率で高いパフォーマンスを発揮できるよう Caffe , Chainer , TensorFlow , Python , Torch , Theano , CNTK などのDeep learning関連フレームワークを整合性と動作確認がとれた状態でプレインストール。コアパーツであるGPUは最大4基まで搭載可能で、大量の学習データに効率良くアクセスするためにCUDA , cuDNN , cuca-convnet などのNVIDIAソフトウェアスタックをSSD高速ストレージにプレインストールしました。
さらにGDEPアドバンスではハードウェアの提供だけでなく、NVIDIA® DIGITS™ソフトウェアの日本語マニュアルはもちろん、学習済みのニューラルネットを含むハンドサイン認識サンプルソースなどオリジナルのパッケージも充実しています。

nvidia-titan-v
ページトップへ戻る