インフォメーション

2018/03/13
ハイエンドディープラーニング用ワークステーション「Deeplearning STATION®」を発売しました

DeepLearningSTATION
弊社グループ会社の株式会社GDEPアドバンス(本社:東京都文京区、代表:飯野匡道、以下 GDEPアドバンス)は、ハイエンドディープラーニング用ワークステーション「Deeplearning STATION®」の発売を開始すると発表しました。
「Deeplearning STATION®」 は、最大で5枚のGPUを搭載できる拡張性の高い仕様で、100V環境で動作し、デスクサイドでも利用可能なワークステーションモデルです。GPUは演算専用としてGeForceやTITAN V、Quadroなど2スロット占有のハイエンドカードを最大5枚搭載可能で、加えてEDR infinibandなど高速なインターコネクトHCAの追加搭載もできます。電源は一般的な100-15Aを2系統利用し、合計で2000Wの供給を可能にしており、TDP250WのハイスペックGPUカードをフル搭載した状態でも安定した動作環境を実現しています。動作音(*)については、GPU負荷を掛けた状態「GPU Burn Mode」でオペレータポジション54.2dbの動作音を実現し、従来のDualソケットGPUワークステーションと比較して大幅なノイズ低減になっています。
※静音モデルではありません。※室内環境より数値は変動する場合がございます。
 
DLS_788
ページトップへ戻る